htmlの種類

htmlというのはホームページ作成につかわれるマークアップ言語のことですが、
ひとくちに「html」といっても、その中にはいろいろな種類があります。
ちょっと前まで一般的によく使われていたのは、HTML4.01 とよばれるバージョンです。
このHTML4.01の中にも、文法の制約のきびしいStrict, フレームを表現するためのframesetなど、いくつかの種類があります。
比較的新しめのサイトでよく使われているのは、XHTML1.0というもので、これはXMLという言語仕様にのっとって作られたもので、HTML4.01に比べると厳密な書き方を要求されます。
さらに最近では、HTML5が注目をあつめています。
これは、flashを使わなくても、ブラウザ上でゲームなどの複雑なコンテンツを表現できるということで注目があつまっています。
HTMLを専門的に学ぶならWeb専門スクールのインターネット・アカデミー