太陽光発電に使用されるパネルが黒い色をしているわけ

太陽光発電に欠かせないモジュールパネルですがなぜ黒色をしているのでしょうか。黒という色には光や熱を吸収する働きがあります。野球選手のピッチャーが目の下に黒い色で書いているのをみた事があるでしょうか。それは太陽の光がグラウンドに反射してとても眩しいので、黒い線をかく事で、目に入る光を軽減するためです。サングラスをかければもっと眩しくありませんが、視界がさえぎられてしまいます。サングラスをかけたピッチャーって見たことがないですよね。欧米人なので、瞳の色が薄いブルーやグリ-ンの持ち主は決まって外出の際はサングラスをかけますよね。日本だとまだサングラスをかけている人は少ないですね。太陽光発電も黒色を上手に利用します。